Articles Comments

gallerism » Archive

gallerism2017作家情報: シーズン・ラオ Season lao

gallerism2017作家情報: シーズン・ラオ Season lao

The Galleries’ View Points 故郷マカオを中心に写真、映像の活動中に出会った、北海道の小さな町の雪景色に魅せられて撮り はじめた。その作品は、手漉きの紙に現像されている。 レンズというフィルターを通して瞬時に切り取られた画像はモノトーンで、自然の持つあたたかさ をより美しく表現されている。 そこに見られるのは、作家の内面に広がる原風景そのもののように思われた。 <楓ギャラリー>       シーズン・ラオ Season Lao 1987 マカオ生まれ 2010 マカオ理工大学ARTS IN DESIGN学士卒業 アート活動で欧米、日本に渡り、北海道を訪れ、田舎の雪と人の生活に魅せられ、北海道に移して、制作の拠点としている。 《百年菉荳圍》(Páteo do Mungo)個展と作品集出版 マカオ 2013 《Heartscape – Photography of Macao Post-80s》マカオ芸術博物館展 マカオ 2014    アートフェスティバル《Art point IWAKI 芸術祭》- 福島いわき(日本) 写真フェスティバル & Award《KAWABA NEW-NATURE PHOTO AWARD 2014》川場村賞受賞 群馬川場村(日本) 写真フェスティバル《第14届中国平遥国际摄影大展》マカオ館代表作家展 山西(中国) 2015    アートフェア《AXIS フォトマルシェ 2》 AXIS gallery 東京(日本) ヴェネツィア・ビエンナーレではマカオ政府に指名され、国費アーティストとして、ヴェネツィア・ビエンナーレのオープニングに参加し、研修に臨んだ。(マカオ/イタリア) アートフェア《Affordable Art Fair – New York fair》 ニューヨーク(アメリア) 《L’UOMO NEL PAESAGGIO》 San Pietro in Atrio美術館展と作品集出版  コモ(イタリア) 2016 《La perseveranza! Nell’obiettivo di dodici giovani fotografi》 San Zenone all’Arco美術館展 ブレシア(イタリア) 《the 67th SAPPORO SNOW FESTIVAL》HBC マカオ広場 雪まつりコラボ展 札幌(日本) アートフェア《대구아트페어 大邱アートフェア 2016》アートフェア推薦作家展 大邱(韓国) ニセコに新しいホテル『綾ニセコ』から作品をコレクションされ、客室で常設展覧しているとギャラリー企画展 – ニセコ(日本) 2017    アートフェア《Singapore Contemporary》Photo17 推薦作家展 – シンガポール ホームページ : www.season-lao.com   … Read entire article »

Filed under: artist

gallerism2017作家情報: 甲斐良夫 Yoshio kai

gallerism2017作家情報: 甲斐良夫 Yoshio kai

The Galleries’ View Points 鋳造でも鍛造でもない鉄の作品を作る甲斐良夫は、自らの技法を「よせ鉄」と呼ぶ。 小さなチップに寸断された鉄片を「寄せ」集めて溶接しながら形をつくってゆく。 そこには、大地から採取された鉄の原初的なイメージが潜むとともに、力強いエネルギーが 内包されている様を窺うことができる。 <天野画廊> 甲斐良夫 Yoshio kai 1944 大分県生まれ 2001 空気(楓ギャラリー・大阪) 2002 フラッグ(AD&Aギャラリー・大阪) 2004 遊熱(ギャラリー白・大阪) 2005 鳥かん-遊熱(海岸通ギャラリーCASO・大阪) 2006 再現(信濃橋画廊・大阪)  鳥目絵-遊熱(ギャラリーすずき・京都) 2007 amebaという人シリーズ(信濃橋画廊5s・大阪) 2008 amebaという人シリーズ(海岸通ギャラリーCASO・大阪) 2009 食らわれる鉄(月吠・奈良)  amebaという人シリーズ(信濃橋画廊・大阪) 2010 amebaという人シリーズ(海岸通ギャラリーCASO・大阪) 2012 蠢く世(ギャラリーあしやシューレ・芦屋) 2013 天野画廊(大阪)[以降毎年開催] 1974-84 DORO展(京都市美術館) 1978-82 ZONDE展(京都市美術館、京都市文化芸術会館、大阪府立現代美術センター) 1979-84 京都アンデパンダン展(京都市美術館) 1985 靱ギャラリー閉廊展(靱ギャラリー・大阪) 1990   横浜・神戸現代美術交流展(神奈川県民ギャラリー・横浜) 1993   画廊の視点(大阪府立現代美術センター・大阪) 1996   アート・ナウ 在ることの根源へ(兵庫県立近代美術館・神戸) … Read entire article »

Filed under: artist

gallerism2017 in 中津

今年のgallerismは、大阪・京都・奈良・神戸で現代美術に取り組む12のギャラリーが 参加します。メジャーなトレンドが絶えて久しいと言われる現代美術の世界ですが、 新しい素材や新しい表現を求めて、美術家たちは着実に試行錯誤をつづけています。 それらの美術家たちに寄り添って自由な表現を生み出す現場にいるのが、gallerismを 構成するそれぞれの画廊です。 昨年よりも今年、今年よりも来年と飛躍するgallerismにご期待ください。 gallerism 2017 実行委員会 gallerism2017 in 中津 2017年5月8日(月)〜13日(土) 会場:PIAS GALLERY 開館時間 ・5月8日(月)13:00〜19:00 ・5月9日(火)〜12日(金)10:00~19:00 ・5月14日(土)〜10:00〜17:00 出展画廊・出品作家 ■天野画廊/甲斐 良夫 ■楓ギャラリー /シーズン・ラオ ■ギャラリーAO /中村 昌子 ■ gallery CLASS /北川 幸司 ■ ギャラリー知 /前田紗希・町田藻映子 ■ギャラリー白 /近松 素子 ■Gallery H.O.T /豊島 舞 ■ギャラリー勇斎 /大坂 一成 ■Contemporary Art Gallery Zone /百合野美沙子 ■MU東心斎橋画廊 /佐野 耕平 ■yokart /柞間 祥子 ■Linlow /池田 孝之 … Read entire article »

Filed under: infomation