Articles Comments

gallerism » artist » gallerism2014作家情報:角南 正人 Sunami Masato

gallerism2014作家情報:角南 正人 Sunami Masato




彫刻を出発点とし、現在は立体および平面の作品を精力的に発表している作家である。
素材や手法・テーマについて、展覧会を行うごとにめまぐるしく変わっていく印象を持たれるかもしれないが、≪美術に何が可能であるか≫を正面に据えて問い続ける作家の姿勢からは、常に“新しい自分”を発見したいという強い意志が感じられる。
(Gallery H.O.T)

 

角南 正人 Sunami Masato
<最近の主な活動歴>
1948 大阪府生まれ

個展
2006「虫の宇宙」(GALLERY いろはに /大阪)
「造形作品展」(芦屋画廊 /兵庫)
2007「虫のパンセ」(十一月画廊 /東京)
2008「虫∞宙」(画廊 シャノワール /兵庫)
「ARTLESS」(ギャラリー菊 /大阪)
2009 「COOL」(Gallery H.O.T /大阪)
2010 「航海日誌」(Gallery H.O.T /大阪)
「Trial」(SoHo art gallery /大阪)
2011「marginalia」(Gallery H.O.T /大阪)
「This is That」(ギャラリー菊 /大阪)
2012「ark」(Gallery H.O.T /大阪)
「水のないプール」(ギャラリー菊 /大阪)
2013「動物考」(Gallery Amrita /大阪)
「ゑひもせす+ん」(GALLERY いろはに /大阪)
「何を見ても何かを思い出す」(Gallery H.O.T /大阪)
2014 「そらごと」( Gallery H.O.T /大阪)

Written by

Filed under: artist

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree